本文へスキップ

年代別の社会保障制度

年代別の受けられる社会保障の一覧

日本には数多くの社会保障制度が設けられていますが、自分がどの補償や補てん・給付を受けることが出来るか分からないという方は多いでしょう。そんな時は年代別に受けられる社会保障の一覧を活用しましょう。

年代や状況(独身・既婚・高齢者)で変わる社会保障

年代別に受けられる社会保障制度一覧国は様々な社会保障制度を用意していますが、国民の一人一人に連絡をくれるわけではありません。どのような社会保障制度が受けられるのかを自分で探して自分で申し込み手続きをすることになります。

本来ならば受けられるはずの社会保障制度を知らなかったために全く活用していなかった...なんてことにならないように、どのような社会保障制度があるのかを事前に詳しく知っておくことが大切です。

このページでは年代別(20代・30代・40代・50代・60代)にそれぞれどのような社会保障制度がうけられるのかを詳しくまとめてあります。

国や地方自治体などから受けられる補償は、とりこぼさない様にしっかりと受け取って、少しでも生活の足しにしていきましょう。





画像をclickすれば、目的のページに移動できます。

20歳代で貰える給付金や支援金(社会保障制度)

20歳代で受けられる社会保障制度

学生生活が終わり社会人に。20代では労働での補償が充実しています。

30歳代で受けられる社会保障制度は?

30歳代で受けられる社会保障制度

結婚して家族が出来る30代。出産や育児に関する補償が多く受けられます。

40歳代で受けられる社会保障制度の種類

40歳代で受けられる社会保障制度

働き盛りの40代。この時期は病気やケガの増える時期。40代の補償はこちら。

50歳代で受けられる社会保障制度の種類

50歳代で受けられる社会保障制度

子供が独立して楽になりますが、次は親の介護の補償が必要な時期です。

60歳代で受けられる社会保障制度の種類

60歳代で受けられる社会保障制度

年金生活になると収入も減ってしまいます。住宅や介護の支援があります。

60歳代で受けられる社会保障制度の種類

全ての年代で受けられる社会保障制度

年代を問わずに受けられる社会保障制度を紹介します。



   

社会保障マニュアルTOPへ戻る



 はてなブックマークに追加 Tweet